刑事弁護の情報と知が集まるポータルサイト

連載 裁判所書記官が見た刑事弁護

裁判所書記官が見た刑事法廷 第3回

ビデオリンクと遮へい

中村圭一 元裁判所書記官

 刑事裁判で「ビデオリンク」や「遮へい」を利用する裁判があることをご存知でしょうか? 「ビデオリンク」は、別室にいる証人の尋問をテレビモニターを用いて行うもので(刑訴法157条の6)、「遮へい」は、法廷内の証人が被告人や傍聴人らとの間に衝立(遮へい板)を置いた状態で尋問を行います(刑訴法157条の5)。

 例えば、ビデオリンク方式による証人尋問を採用するかどうかについては、条文上、「犯罪の性質、証人の年齢、心身の状態、被告人との関係その他の事情により、法廷において供述すれば圧迫を受けて精神の平穏を著しく害されるおそれがあると認められる者」という限定が付されています(157条の6Ⅰ③)。したがって、本来的には、ビデオリンク方式や遮へい板の利用は、例外的な場合に限定されるべきでしょう。しかし、私が担当していた暴力団関係の刑事事件において、かなり多くの証人について尋問をすることになり、そのほとんどでビデオリンク方式が採用されていたことがありました。しかし、いくら暴力団関係の事件とは言え、あまりに安易に利用され過ぎているのではないかと危惧することもありました。一方で、小さい子どもの性被害事件など、ビデオリンクや遮へいが非常に有効となる場合もあり、そのような場合には積極的に利用すべきだと思います。

 実は、これらのビデオリンク方式や遮へいは、書記官としては、「あまりしたくない」というのが本音でした。ビデオリンクについては、機器の不具合が生じることが怖いですし、そうならないように何度も事前にテストをしたりしなければならないからです。尋問の途中で通信が途絶えてしまうこともあり、その場合は、いったんすべての機器を止めて再起動しなおさなければいけないようなことも起こります(法廷中のみんなの視線が書記官に集まる中、冷静に機器を操作するのはなかなか難しいものです)。また、遮へいについては、例えば、証人が法廷の中に入ってくるのを被告人や傍聴人に見られないために、蛇腹を使った念入りなテストが必要な場合もありますし、蛇腹を動かすときなどは床にテープを貼って設置したりする位置まで決めて事前テストをしておかなければいけません。

 現在は、民事裁判のIT化が段階的に進められており、今後、刑事裁判についてもIT化が進められることも十分考えられるので、ビデオを用いた証人尋問などについても用いられる可能性があります。そうなった際には、これらのビデオリンク方式の要件についても随分緩和されることもありえるかもしれません。

(2022年07月04日公開) 


こちらの記事もおすすめ