刑事弁護の情報と知が集まるポータルサイト

村木厚子氏(元厚生労働事務次官)

『オアシスインタビュー』第1回

【前編】罪を犯した人と私たちはどのように共生できるのか

自分の体験から考えたこと

インタビュアー:菅原直美(弁護士) 2018年8月9日 現代人文社会議室

特集イメージ


はじめに

——本論に入る前に、村木厚子さんの職歴を簡単に教えていただけますか。

村木 1955年に高知で生まれて、大学まで高知にずっといました。就職で東京に来て、当時の労働省に入省その後、厚生省と労働省が一緒になり、2015年まで勤務、都合、37年半、公務員をやっていました。それだけなので、履歴書が非常にシンプルなんです。厚生労働省を辞めて3年たって、今は、伊藤忠商事の社外取締役など企業の仕事と、津田塾大学総合政策学部で学生を教える仕事をやっています。

大学では、2つ講座を持っていて、1つは、社会保障や労働政策の基礎講座で、もう1つは、総合政策学部が社会課題の解決にチャレンジする人材を育てるという目的なので、自分の人的なつながりの中で社会課題にチャレンジしている人たちをたくさん呼んできて、学生たちに興味の幅を広げてもらう講座です。本の少子高齢化とか、子どもの貧困など厚生労働省で私自身がやってきた分野は、私が授業をしています1年生の最初の授業なんです。

1 郵政不正事件で考えたこと

郵政不正事件での逮捕・勾留

——村木さんは、郵政不正事件1)で逮捕されて被疑者・被告人になられたご経験をお持ちですが、被告人という立場になったときの気持ちとか、インパクトはどういうものでしたか。

 村木 私の場合は、大阪地検に呼ばれて取調べを受けその日のうちに逮捕状が出、拘置所に連れていかれました。私はごく一般的な市民だと思うんですが、この捜査などのルールを何にも知らなかったんです。逮捕されるってどういう意味なのか、被疑者になるってどういう意味なのかとか、自分にはどういう権利が保障されていて、何は保障されていないのかとかきっと自分を助けてくれるのは弁護士だろうというぐらいは分かるんですが、どうやったら弁護士の助けが借りられるのかとかもわからない状況です。要するに、行政、司法、立法、三権分立とか、小学校からたくさん習っているはずですが、実際のところは何も知らないんだということがわかりました。被疑者とか被告人になって、これが一番大きな実感です。

 ——捜査官に対しては、刑事訴訟法という法律で、逮捕した理由をきちんと説明しなさいとか、黙秘権の説明や弁護人選任権の説明など、被疑者・被告人に対する説明が義務付けられているんですが、実際にそのような説明を受けても何のことかさっぱり分からない、という感じだったでしょうか。

 村木 「あなたは被疑者です」って言われたときに、「被疑者ってどういう意味ですか、被疑者だと何が違うんですか」って検事に聞いたんです。そのときに、黙秘権があるんですよと解説してくれました。それから、逮捕する前に取調べを1日受けて、その日の夕方に逮捕されるんですが、私が今ここで勝手に家族に電話をかけたら、どうなるんだということが分からない。もし「駄目」って言われるとやれなくなるから、聞かないほうがまだ自分にチャンスが残っていると思うから、そのことは聞かないわけです。

 ——なるほど。逮捕前の任意の取調べのときから、そのような心境になられたんですね。

 村木 もうそういう感じですね。連絡を取るのを止められるって思うと嫌だから、黙って連絡するわけです。だから、何が不利に働くか、例えば、任意の取調べで大阪地検に呼び出されるのですが、それは自分のお金で行くわけですから、大阪まで行くのは大変だから、東京でやってくれないかなあと思いますね。しかし、「嫌です」って言ったら、任意の取調べを拒否したからと逮捕する口実になる、その可能性はあるって弁護士に言われて、嫌だけど、大阪まで行いうことになった。つまり、教科書に書いてある自分の権利も知らないし、それから、例えば、こういう権利があるから、私はやりませんって言ったときに、そういうことでどういう次のが出てしまうのかも全然分からない。「あ、こんなに自分は知らないんだ」とすごく思いましたが、後の祭りですね。いかに自分は何も知らなかったということがよく分かりました。

——任意の取調べに行っただけなのに、その流れで逮捕され、長期間拘束されてしまうわけですね。初めは刑事手続のことをなにも知らなくて戸惑っていらっしゃったとのことでしたが、逮捕された直後と、長期間拘束された後とで心境の変化はありましたか。

村木 逮捕されて、勾留されているので、どうしたら自分の疑いが晴れるか、その材料を自分で探さなければいけないということになりました。もちろん、弁護士の力を借りて。逮捕された後は、自分の置かれているシチュエーションが非常にすっきりしたことで、割と落ち着いたって言ったら変ですけど、やることがより見えやすくなった感じはしました。

 ——弁護士は私選だと聞いていますが、弁護士はどのように探されたんですか。

村木 すごいラッキーだったと思うんです。逮捕される前から、この件はマスコミで大騒ぎになっていたんです。私の職場の人から、「この状況とっても嫌な感じがするから、早く弁護士さんの所へ行け」と言われたんです。それで、逮捕とか任意の取調べとかが起こる前に、主任弁護人の弘中惇一郎先生の事務所を訪ねています。

当時の自分の手帳とか業務日誌とか全部持っていって、「それも全部調べたけど、何もないはずなんだけど、こんなことになっていて、何が起きているか分からない状況なんです」って相談しました。そのときは、弘中先生もまだ逮捕まで行くと思っていなかったようですが、それらが全部押収されると見られなくなって、とても不利になるので、「とにかく、この証拠を全部コピーして、私の所で預かりましょう」と言われました。それから、一切隠さない、一切改ざんしない、要するに、変なことをしないということだけ気を付けましょうねって言われた。逮捕される前に1回相談できていたから、大阪地検に呼び出されたときも、「検察からこう言ってきました。どうしましょうか」と言って、「じゃあ、まあ、行ったほうがいいかもしれませんね。行きましょう」って言われて行ったんです。

気になる【後編】はこちら

用語解説   [ + ]

1. 2009年に、大阪地検特別捜査部が、障害者団体向けの郵便料金の割引制度の不正利用があったとして、障害者団体、厚生労働省、ダイレクトメール発行会社、広告代理店、郵便事業会社等の関係者を摘発した郵便法違反・虚偽有印公文書作成事件。障害者団体に心身障害者用低額郵便物を利用できるために必要な証明書(虚偽の内容の公文書)を発行したとして、係長(当時)、ついで、その発行を指示したとして厚生労働省元局長の村木厚子さんらが逮捕された。
その後、事件の担当主任検事であった前田恒彦が、証拠物件であるフロッピーディスクを改ざんしたとして証拠隠滅、および上司の元特捜部長・大坪弘道、元特捜部副部長・佐賀元明が犯人隠避容疑で逮捕された。
用語解説

こちらの記事もおすすめ