刑事弁護の情報と知が集まるポータルサイト

村木厚子氏(元厚生労働事務次官)

『オアシスインタビュー』第1回

【後編】罪を犯した人と私たちはどのように共生できるのか

自分の体験から考えたこと

インタビュアー:菅原直美(弁護士) 2018年8月9日 現代人文社会議室

特集イメージ


3 罪を犯した人たちと共生する社会への道のり

「共生社会を創る愛の基金」創設とその活動

——後半はちょっと話題を変えて、村木さんが現在、力を入れている活動についてお伺いします。「共生社会を創る愛の基金」とか、「若草プロジェクト」という社会的な活動をされていらっしゃいますが、それぞれどのような活動をされているのでしょうか。 

村木 共生社会を創る愛の基金は、端的に言うと、累犯障害者の人たちの支援なんです。そのきっかけについて少しお話しします。さっき言ったように、郵政不正事件では、不当な取調べを検察がやったかが、「検察の在り方検討会議」では明らかにはならなかったので、その原因を明らかにすべく国家賠償の裁判を起こしたんです。ところが、国はこちらの主張を認諾してしまい、裁判の場で争えなくなって、何の事実も出てこなかった。裁判費用とか除いて、結局、手元に3,333万円残ったんです。しかし、ものすごく腹が立ちました。賠償金は「これも税金だろ」っていうことでね。 

——被告が、この場合は国ですが、認諾してしまえば、それで裁判は打ち切りで、原告に請求額をそのまま支払うことになりすからね。結局、捜査や取調べの実状が明らかにならなかったわけですね。

村木 あとで弁護士の弘中先生や信岡先生と、「失敗したね」って顔を見合わせたんです。ものすごい高い額を吹っ掛けとけば、認諾できなかったのに違いないと話したんです。この国賠訴訟はものすごくまじめにやったんです。刑事裁判でかかった費用は、もう1円まで計算したみたいに。すごく悩んで、精神的な慰謝料1千万をせたんです。もう私にとってほんとに思い切った金額だったはずなのに、終わってみて、「ああ、ばかなことした。あれを1億とかしとけば、向こうも争ったかもしれない」と思ったんです。

その3,333万円、「これ、税金だもんな、使えないや」ということで、今回の事件は、刑事司法に関して起きた出来事で、その発端が障害者団体向けの証明書発行がらみだったということもあって、一番縁が深い、関わりが深い分野って何だろうと考えたとき、累犯障害者かなと思いました。そこで、長崎の南高愛隣会が一番そういう人の支援をやっている社会福祉法人だったんで、そこに寄付して、「研究とか自由に使ってください」と言ったら、前の理事長が「もったいないから基金にしようよ」と言って下さって、基金として創成したんです。

拘置所の中では、女性ばっかりが収容されていた所だったので、女性の被収容者に会う機会が多かった。そこの女の人も明らかに知的なハンディがあるとか、精神疾患だとか、そういう人がすごくたくさんいて、そういう人たちと毎日れ違うんです。

それで思い出したのが、南高愛隣会の前の理事長が、20年ぐらい前に、「村木さん、知的障害者のはね、自分に一番優しくしてくれる人がやくざのお兄さんってことがよくあるんだよ。だから、男の子はやくざの使い走りを一所懸命やって、女の子は風俗で稼いで貢ぐっというのことがしばしばあるんだ。だから、やくざのとこへ彼ら・彼女らをもらい受けに行くこともあるよ」という話をしていたことです。

その話を思い出し、それから、もう一つは、1人目の取調べをやった検事さんの言葉もきっかけになりました。この検事はほんとに誠実な人でした。やっていることはチームでやっているからほかの検事と同じだけど、人柄としては信用できました。取調べがあったのはまだ夏の時期だったんですが、雑談の中で、彼が「正月前は僕ら忙しいんですよ」というんです。「何でですか」って言ったら、「正月、ここに入ってきたい人多いから」と。刑務所に再び入りたいので、万引き無銭飲食をするんだというのです。無銭飲食だと詐欺罪で累犯だったら確実に刑務所に入れるそうです。だから、その時期になると、すごく忙しいんだっていうんです。

保釈されのは11月の後半ぐらいでした。私は、拘置所で結構平和に暮らしていたんです。満足していたって言うと語弊があますが、とにかく平和な暮らしをしていたんです。ここを出たいと思うとつらいから、出たいって思わないようにしていたという面もありますが

ところが、11月ぐらいになって寒くなってくる。冷暖房も大阪拘置所はないし、石の壁だから、壁の近くに寄ると空気が冷たい。11月でこれかと思って、12月、1月、冬はここにいたくないなと、初めて早く出たいと思いました。そのときに、ふっとの検事さんの言葉を思い出した。このシーズンになってここに入ってきたいなんて。それを思い出して、「やっぱりこの分野を何とかしなきゃな」という思いがあって、南高愛隣会に寄付して基金をつくったんです。

——元参議院議員の山本譲二さんも、塀の中には累犯障害者がたくさんいるということを言っていましたね。しかも、知的障害の方が多いと。

村木 その後いろいろ勉強して、刑務所の中にいる人のうちの4分の1か5分の1の人には知的障害がある、また高齢者も多いということがわかりました。刑務所では入所者の学歴別の表を作っています。普通の世界とは全く違って「中卒以下」がすごく多いんです。次に、「高校中退」もかなりいます。

「刑務所にいるのは、最初からハンディを負っている人たちじゃないの」というのが実感です。南高愛隣会の人たちが「負の回転扉」という言葉をえてくれました。いろんなハンディがあるから刑務所に入ってきて、「お勤めごくろうさん」って言って出されて、振り出しの元の場所に戻されるだけで、結局また帰ってくるしかない。そういう人たちを支援する、刑務所に行かずに社会の中で生活できるように、福祉につなぐ手助けをする。また、自分も感じましたが、裁判でしゃべるって普通のでも大変です。こちらの言い分を調書にするのも大変だけど、あの法廷の証言席に立って、何も見ずに検事とかのいじわるな質問とか、裁判官の質問にちゃんと答えていくことは国会答弁とかに慣れている私でもものすごく大変だったんです。知的なハンディがあるとか、コミュニケーションに障害があるとか、あるいはしゃべることに不慣れであれば、取調べもちゃんと答えらているかどうか、法廷できちんと証言できているかどうかがすごく疑わしいことです。刑務所を満期で出でしまうと、「はい、おつかれさま」で終わりです。そこで、何とか司法の入り口、真ん中、出口でそういう人を支援する手助けになる基金を創りたかった。

【前編】はこちら

用語解説

こちらの記事もおすすめ