刑事弁護の情報と知が集まるポータルサイト

執筆者:村岡美奈 監修者:藤田正隆

【第5回】弁護士の捜索差押(ガサ入れ)の立会い


●裁判所にて

被疑者「(電話が鳴った)先生、お久しぶりです。前に、債務整理をお願いした者ですけど、おぼえていますか」

弁護士「こんにちは。多重債務で首が回らなくなった方ですね。何とか債権者と話を付けて、解決できたので、覚えています。あれから、お仕事順調ですか。久しぶりの電話でうれしいんですけど、あと5分で裁判が始まるから、30分後くらいに折り返してもいいですか」

被疑者「あの、緊急なんで少しだけいいですか」

弁護士「緊急?はい、どうぞ」

被疑者「いま、自宅に警察が来て、これからガラ(身柄)を持っていくと言われてます」

弁護士「エッ? 逮捕? なに罪?」

被疑者「わかりません、ちょっと自分も久しぶりでパニックなんで、どうしたらいいでしょう」

弁護士「では、警察署に着いたら、何も話さずに、『弁護士を呼んで』と言って、私が行くのを待っててください。今日中に必ず行くから」

被疑者「ありがとうございます、待ってます!」

●警察署にて

弁護士「遅くなりました。どうしたんですか」

被疑者「身に覚えのない窃盗事件なんですけど、どうすればいいですかね」

弁護士「覚えがないなら、黙秘でしょう。黙秘権の行使の仕方は、わかりますか」

被疑者「今回、20年ぶりくらいに逮捕されたんで、あまり覚えていませんので、もう一度教えてください」(黙秘権の行使の方法は第1回に譲ることにします)

弁護士「被疑者ノート1)を入れておくので、これをよく読んでください」

被疑者「ありがとうございます」

弁護士「連絡しておく人など、いますか」

被疑者「仕事関係の同僚に、仕事の引継ぎと、妻に、電話してくれますか」

弁護士「奥さんには差し入れのお願いかな」

被疑者「いいえ、着替えは自分で持ってきたんですけど、明日、自宅にガサ(家宅捜索)するって刑事に言われています」

弁護士「明日、ガサ? 窃盗事件の疑いなら、被害品などをガサで探しに行くのは普通だけど、どうして逮捕と一緒に、今日しなかったのかな」

被疑者「わかりません、あした行くって言うので、何も隠すものなどないんですけど、いきなりだとビックリすると思うので」

弁護士「奥さんは仕事しているんだっけ?」

被疑者「はい、だから刑事もガサの前には、妻に自宅にいるように連絡するとは言っていましたけど、あいつにとっては初めてのことなんで」

弁護士「心配だね、明日なら私、ガサに立ち会いましょうか」

被疑者「え? そんなことできるんですか? できるならお願いします」

弁護士「わかりました! 今まで何回もガサの立会いをしているから、大丈夫」

被疑者「立会料はあるんでしょうね。」

弁護士「明日のガサの立会料は、日当と交通費込みで5万円2)です。また、事件そのものの着手金と報酬は、別途適正に請求させていただきます」

被疑者「相変わらず、しっかりしてるなあ。そういえば、債務整理もかなり強気にやってもらったもんな。頼りにしてますよ」

●翌日、被疑者の自宅にて

弁護士「おはようございます、弁護士です」

被疑者の妻「お世話になります、すみません、やっぱり一人だと不安なんで、よろしくお願いします」

弁護士「大丈夫ですよ、捜索差押許可状をしっかり読んで、なにが押収対象なのか確認して、不当な捜索をさせないようにするのも、弁護人の仕事です」

(ピンポーン)

弁護士「早速、来たみたいですね。奥さん、玄関に行きましょう」

警察官「昨日連絡した警察です、奥さんですね、だんなさんの逮捕の件で、裁判所の捜索差押許可状が出ていますので、呈示します」

弁護士「弁護人です、私にも見せてください」

警察官「エッ! 弁護人がいるんですか? 立会いはできませんよ」

弁護士「そんなことないでしょう。わたし、いままで、文句は言われたこと何度もありますけど、立会いが認められなかったことなんて、一度もありませんよ」

警察官「えー、私は初めてですけど。弁護人がガサに立ち会える根拠条文はあるんですか?」

弁護士「警察などの公権力は、その活動に法律の根拠が必要ですけど、基本的に、弁護人の活動を制限する規定がなければ、依頼者のためにできないことなんてないです。強いて根拠 3)を挙げれば、住居の捜索の際には住居を管理している人が適正な捜索の実施のために立ち会うでしょ。弁護士は、その人の依頼がある限り、立会いできるんですよ。私は奥さんから立会いを頼まれていますのでできるんですね」

警察官「うーん、仕方ないなあ。邪魔しないでくださいね」

弁護士「もちろんです。捜索差押許可状に沿った、適法な捜索押収をしているかどうか監視する以外のことはしません」

警察官「たのんますよ」

●警察署にて

弁護士「ガサの立会い、行ってきましたよ」

被疑者「ありがとうございます。妻はどうでしたか」

弁護士「2時間くらいの捜索で、刑事が4人来ましたが、しっかり対応していましたよ」

被疑者「何か、押収された物はありましたか」

弁護士「ご自宅からは数点の押収がなされました。仕事の作業服とか、携帯電話とか。奥さんに交付された押収品目録を持ってきましたよ。これで、あなたに対する窃盗の嫌疑が、なぜ生じたのかについて、分析しましょう」

被疑者「なにがわかりますか」

弁護士「作業服が押収された場合には、窃盗被害現場の防犯カメラかなにかに、作業服を着た人が写っていたのではないかと思われます。携帯電話は情報の宝庫だからね。解析すれば、いつどこであなたが誰と通話しているかもわかります」

被疑者「じゃあ、私が潔白だということも携帯電話でわかるかもしれないですね」

弁護士「そうですね。けど、警察はあなたの潔白の証拠は、積極的に調べないですから、潔白の証拠がない、なんて取調べで言われても気にしないようにしてください。いずれわれわれ自身で内容を解析できる時期がきます」

被疑者「ガサは、自宅だけでしたか」

弁護士「いいえ、あなたの車も捜索していました」

被疑者「えー、なにも関係ないのに」

弁護士「確かに押収品はなかったです。だから、『捜索証明証』という書類をもらいました」

被疑者「それはなんですか」

弁護士「押収品が何もなかったという証明書です。何も言わなくても、交付してくれる警察官もいますけど、くださいと言えば、必ずもらえます」

被疑者「何に使うんですか」

弁護士「いろいろ使い道はあるけど、まずは、捜索差押手続で、押収品がなにもなかったんだから、被疑者は、罪証隠滅することはないから、勾留しないで、という書面を出すときに添付書類として使えます」

被疑者「へー、そうなんですね。よろしくお願いします。一回ガサがされたら、今後は自宅をガサされることはないですかね」

弁護士「再逮捕されたら別です。もちろん例外もあるけど、大体1度の逮捕で、裁判所の捜索差押許可状は1度しか出ないのが通常でしょうね。しかし、警察はやろうと思えば、何度でも再逮捕してくることがありますので、要注意です」

被疑者「早く帰りたいです。仕事が溜まっているんで」

弁護士「あなたには仕事をちゃんとしてもらわないと、着手金も報酬も払ってもらえないもんね。頑張りましょう」

注/用語解説   [ + ]

(2020年07月03日公開) 


こちらの記事もおすすめ