刑事弁護の情報と知が集まるポータルサイト

執筆者:村岡美奈 監修者:藤田正隆

【第1回】黙秘権って、どうやって行使するの?


はじめまして。弁護士歴もようやく10年目に入り、私自身が経験したこと、人から聞いたことも含め、自分が知識や情報を教えていただくだけではなく、そろそろ発信する側にもならないといけないと思う今日この頃です。実際の事件に基づいてフィクションも交え、一般の方にも読みやすいものにしたいと思います。よろしくお願いします。

なお、事件は千差万別ですから、ここで述べることがすべて当てはまるということはありません。受任している弁護士がいる場合は、その弁護士と十分相談して、対処してください。

——————————————————————

 

普段は各地の法律事務所で刑事弁護活動にまい進する弁護士らが、全国の被疑者、被疑者家族、新人弁護士らなどの、SOSにこたえて、いまさら恥ずかしくて聞けない素朴な刑事弁護の質問に答えていきます。

とある警察留置場の接見室にて

被疑者「わざわざ接見に来てもらってありがとうございます」

弁護人「SOSがあれば全国どこにでも参ります。早速ですが今日の疑問点は何でしょうか」

被疑者「はい、逮捕されてすぐに来てくれた当番弁護士がいるのですが、事件の概要を話したら、とりあえず黙秘したほうがいい、とアドバイスされました。どうやって黙秘したらいいのでしょうか」

弁護人「黙秘権は憲法上の権利(38条)ですので、行使するのに、一切の躊躇はいりません。取調官にあなたの情報を提供する必要がない事案なら、黙秘は最大の防御ですからね。まずは、何を聞かれても『黙秘します』と答えるのが基本ですね」

被疑者「何を聞かれてもですか」

弁護人「そうです。何の罪名ですか。共犯者はいますか」

被疑者「オレオレ詐欺です。共犯は、自分が直接知っている人が2人で、電話で話しただけの人が3人います」

弁護人「それなら、例えば、詐欺と分かっていたのかどうか、と質問されたら、『黙秘します』、共犯者のことを聞かれても、『黙秘します』と答えればいいですよ、一度練習してみますか」

被疑者「お願いします」

弁護人「おまえの役割は何だ」

被疑者「ただの受け取り役です」

弁護人「だめだめ、『黙秘します』と答えてください」

被疑者「あ、そうか、『黙秘します』」

弁護人「報酬はもらっているんだろう」

被疑者「えーと、いくらだったけ……」

弁護人「ストップ!」

被疑者「黙秘かー」

弁護人「誰から誘われたのか、わかっているんだぞ、正直に話せ」

被疑者「えーっと、『黙秘します』」

弁護士「その調子、いいですよ」

被疑者「でも、すでに捜査機関が分かっていることもは黙秘してもしょうがないのじゃないですか」

弁護士「分かっている、と言っても、何をどの程度まで分かっているのかそのことに裏付けがあるのかどうかは、今の段階では不明でしょ。こちらから情報を開示する必要はありません」

被疑者「でも、目の前のいる刑事さんに、毎日取調べを受けて、何時間も黙秘しますでは失礼になるのではないかという気持ちがあります」

弁護人「憲法上の権利行使なので、失礼でもなんでもないので気にしないように」

被疑者「黙秘することで不利益になることはありませんか」

弁護人「ありません、刑事は、『情が悪くなる』と言いますが、それは間違いです。検事や裁判官は黙秘権の意味を理解していますので、それによって不利益を課してはいけないことは理解しています。理解していないのは刑事さんだけですので、刑事さんの機嫌は悪くなりますが、それは無視しても構いません」

被疑者「黙秘します、という以外に、黙秘権を行使する方法でどんな方法がありますか」

弁護人「いわゆる雑談、事件以外のことについては刑事さんのお喋りに付き合うけど、事件のことは黙秘するというのが一般的ですが、雑談も応じない黙秘もありますし、挨拶もしない、一言も言葉を発しない黙秘もあります」

被疑者「それは感じ悪いですね、そんなの人間として許されますか」

弁護人「あなたは良い人ですね。しかし、ここでは、刑事さんは対立当事者なので、そんなこと気にしないでください。ただ、そういう態度をとると、ますます刑事さんはむきになって機嫌が悪くなりますが、仕方ありません。もともと茶飲み話をするために逮捕されているわけではありませんので」

被疑者「取調べを受けるために逮捕されているのではないのですか」

弁護人「違います。あなたが逮捕勾留されているのは、逃亡の可能性、罪証隠滅の可能性があるなどの刑訴法60条の事由に該当するからです。取調べを受けるために勾留されているわけではないことをよく理解してくださいね」

被疑者「そしたら、取調べをうけなくてもいいのですか」

弁護人「私は、取調べは、受けなくてもいいという立場をとっています。具体的には、留置場の外に出ない、取調室に行かないという行動で、『カタツムリ大作戦』と呼んでいます。取調べを拒否することも、黙秘権行使の一つなんですよ」

被疑者「そんなことできるんですか。無理やり連れて行かれませんか」

弁護人「いまは、警察の組織上、捜査と留置管理が分離しているので、留置管理にいる間は、あくまで、逃亡や罪証隠滅の防止だけが留置管理の警察官の仕事です。捜査に協力する義務は留置管理にはないし、むしろ、捜査官から長時間の取調べがなされた場合には、留置管理の警察官が被疑者の入浴や食事、睡眠の保持の観点から、取調室に、被疑者を呼びに行かないといけません」

被疑者「へー、ここの警察官は僕らの味方なんだ」

弁護人「そう単純にも言えませんが、体調が悪いときや困ったことについては留置管理の警察官に相談すると、親切に対応してくれるはずです」

被疑者「では、取調べに行きたくない時は、留置管理の警察官に言えばいいのですね」

弁護人「基本的には、それで大丈夫ですが、時々、留置管理の警察官の中にも、そのあたりの理解をしていない警察官もいて、『取調べに行かないなら、自分で留置の外に出て、刑事に断れ』とか言い出す人もいます」

被疑者「そんな時はどうしたらいいのですか」

弁護人「すぐに、あなたの担当の弁護人を呼んでください。そして、あなたが留置から出たくない、取調べ拒否をしたいという態度を鮮明にすれば、あなたの担当の弁護人は、それを援護する活動をしてくれます」

被疑者「それは例えば、どういうことをしてくれますか」

弁護人「ここの警察署長、留置管理課の課長宛てに書面をファクスして、『被疑者は弁護人と相談の上で取調べを拒否することにしましたので、無理やり出場させないでください。万が一、本人の意思に反して出場を強制した場合には、国家賠償請求も辞さない所存です』などと意見表明しておきます」

被疑者「検事調べはどうしたらいいのですか」

弁護人「そこでも黙秘が適当な場合なら、検事調べにもいかないということができます」

被疑者「その場合、弁護士さんはなにか書面を出してくれますか」

弁護人「私の経験上、『弁護人と相談の上で、検事調べも拒否します。もし、その意思に反して取調べをした場合には、そこで録取された自白調書の証拠能力を争います』とかの書面をあらかじめ検察庁に出しておきます」

被疑者「そうですか、僕だけががんばるわけじゃなくて、弁護人と一緒に黙秘権行使をがんばるわけですね」

弁護人「その通り、頑張ってくださいね!」


こちらの記事もおすすめ