刑事弁護の情報と知が集まるポータルサイト

漫画家・浅見理都が刑事弁護人に聞くザイヤのオオカミ

第5回 石野百合子弁護士に聞く(1)

「法律家の枠をこえる」弁護士の仕事

非行を犯した少年が、自分と向き合えるように寄り添う


12

少年事件をやるきっかけ

 少年事件を中心にやろうと思ったきっかけって、何ですか。

 正直、あまりなくて……。司法試験に合格した後、裁判官になったり、検察官になったり、弁護士になったりする前に司法修習が1年間あります。

 その中で、最後に弁護士会が提供する選択の修習プログラムがあり、そこで「子どもの事件ってどうかな」と思って、少年に関わるプログラムを選択しました。あっ、少年事件のとき「少年」と表現しますが、男子少年も女子少年も含めて「少年」です。

 少年事件にもともと興味があったので、「面白そうだな」というところから入り、そのまま弁護士になりました。少年事件を比較的多くやるようになって、今に至るという感じです。

 「面白そうだな」って思ったのは、何か具体的な事件があるんですか。

 修習の中で、家庭裁判所修習があります。修習生は勉強のために入れるのですが、そこで初めて少年審判の審判廷というところに入りました。

 刑事裁判の法廷と違って非公開で、傍聴人がいません。原則検察官はいなくて、かわりに家庭裁判所の調査官がいます。事件が家庭裁判所に来てからは、その調査官が少年の成育過程や非行の原因などを調べ、裁判官は調査官や、少年が少年鑑別所にいた場合には少年鑑別所からの報告もふまえて、審判へ臨むという形になります。

 裁判官と家庭裁判所の調査官、付添人の弁護士、当事者としての少年とその保護者等が出席して審判が進んでいきます。少年事件の少年って、一対一で会うと、私より背の高い少年でも、結構小さく見えるんですよね。うまく言えないんですけど、気が弱いからなのか、所在なさげに座っている少年が多いという印象です。

 それで、その少年がどうして犯罪をするに至ったのかを、裁判官がすごく優しい言葉で丁寧に聞いていくんですね。そういう少年審判の雰囲気の中で、事件について話していくと、泣きじゃくり、「これからしません」みたいなことを言ったりする少年も多いです。

 いわゆる刑事裁判のイメージとは全然違って、教育的な要素が入っていて、この分野をやってみたいと思ったんです。

 幼い印象の少年が多いという話でしたが、みんなそうなんですか。

 もちろん、大人っぽい少年もいますし、完全に悪くなりかけてる少年も一部にはいます。やはり、15歳と17歳、19歳ではイメージが全然違います。グラデーション的には、より大人に近づいていってるという感じです。でも、19歳でも幼い印象ですね。

本当の意味での反省とは

 取材をしたり、本を読んだりすると少年の「可塑性」という言葉が頻繁に出てきますが、私のような一般人からすると、「可塑性」って言われてもイメージしにくいところがあります。

 プロの目から見て、少年は成人と違い「可塑性がある」と言い切れる(感じられる)境界みたいなものはあるのでしょうか。

 むずかしいですね。私も、それは常に迷いながらやっています。

 今回の少年法改正のときに出てきた脳科学の論文によると、「25歳までは成長していく」とありましたので、20歳ではなく、25歳ぐらいまで、広い意味では可塑性があると言えるのではないでしょうか。

 その事件を契機として、たまたま本人が変わるきっかけがあって、ガラっと更生するみたいなことばかりであればいいんですけど、全てのタイミングが合うことばかりではありません。

 私たちが担当する少年は、家庭裁判所に事件が送られてから審判を待つまでの約1カ月間、少年鑑別所で過ごす少年が多いんですけど、そこで自由を奪われた生活をしていく中で、それなりに反省し、後悔もします。

 考えることのきっかけにはなるので、「もう二度としません」という言葉も出てくるし、変わりたいっていう気持ちも出てくると思います。ただ、そのタイミングでバチッと変わらなかった少年もいます。少年にも少年の生きてきた長い歴史があるので、そんな都合よく変われないこともありますよね。

 弁護士仲間からは「そのときは変わらなかったけど、次に事件を起こした後にすごく良くなった」という話もたくさん聞きます。簡単に効果測定はできないと思っています。逆に、自分が担当したときにバチっと変わらなくても悲観する必要はなく、そのときかけた言葉が、どこかで響くのではないかと思っています。

 少年院と比べて、成人と同じ刑務所だと、少年の立ち直るきっかけが少なくなってしまうことはあるんでしょうか。

 基本的に、少年法では、施設収容が適当だと判断された場合、少年院送致を言い渡されます。検察官送致されて、成人と同様に刑事裁判で裁かれた場合には、少年刑務所など成人もいる刑務所に収容されます。

 建前上、少年院でなく刑務所であっても、少年が収容された場合「ある程度マン・ツー・マンでケアできてますよ」みたいな話は、昔に比べると出てきています。

 しかし、少年との関わり、育て直しみたいな部分については、やはり少年院でないと担えないと思います。少年院では毎日日記を書かせる、少年を番号ではなく名前で呼ぶなど、いろいろなことが教育的に工夫されています。

 以前、浅見さんが「ザイヤのオオカミ」でインタビューされた市川寛弁護士が「人はそんな簡単には反省しない」みたいなことをおっしゃっていましたが、少年でも同じ部分はあるのかなと思っていますので、少年に対して丁寧な関わりが必要だと思います。

 まぁ、人ですもんね。

 後悔はするんですけど、本当の意味での反省にはなかなか入っていかないですよね。しかも、少年の場合、生育歴が恵まれてないとか、まわりに悪い友達しかいないとか、そういう少年が多い傾向はあります。

 あとは、発達に何か問題を抱えていて、自分は息苦しいのに、まわりにうまくフォローしてもらえず、「自分ばっかり怒られる」「きっかけがあったから怒ったのに、怒ったことばっかり怒られて」みたいなことが、澱(おり)のように重なってきている少年も多いです。

 そうなってくると、「何で捕まったの?」とか「それに対して反省してる?」みたいなアプローチをしても、「いや、俺は悪くないし」みたいな反応しか返ってきません。

 やはり、まず本人が今まで積み重なってきた不遇感みたいなものを少しずつ取り除いていって、その先に「やっぱり自分のやったことは悪かったのかな」みたい感覚が出てくるんだろうと思います。

 このあたりのことは、本当に丁寧に関わる必要があると思います。家庭が機能していないのであれば、家庭の代わりになるところを誰か違う大人が担うとか。もちろん犯罪をしたっていう点では、間違いなく悪いんですけどね。

 そう聞くと、一般の人にはなかなか想像しづらい分野なのかなと思いました。

(2021年10月29日公開) 

12
インタビュイープロフィール
石野百合子

(いしの・ゆりこ)


埼玉県生まれ、神奈川県育ち。東京大学経済学部経営学科卒業。都市銀行勤務後、早稲田大学大学院法務研究科修了、平成23年弁護士登録。新百合ヶ丘総合法律事務所共同代表。日弁連子どもの権利委員会幹事。『少年事件ビギナーズ ver.2』の編集も務める。地域に根差した弁護士業務を行うかたわら、少年事件や犯罪被害者支援、高齢者障がい者支援なども積極的に行っている。

インタビュアープロフィール
浅見理都

(あさみ・りと)


漫画家。1990年、埼玉県生まれ。『第三日曜日』で第33回MANGA OPEN東村アキコ賞を受賞。『イチケイのカラス』は自身初の連載(モーニングで連載、2018年24号〜2019年14号)。


こちらの記事もおすすめ