刑事弁護の情報と知が集まるポータルサイト

漫画家・浅見理都が刑事弁護人に聞くザイヤのオオカミ

第2回 市川寛弁護士に聞く(4)

検察の手の内を知る弁護士

信念と客観性のバランスをとる


12

被疑者・被告人と弁護士との距離感

 弁護人になってから、被害者やその被害者遺族との対応において、何か気をつけていることはありますか。

 示談のやり方って難しいですね。僕もまだ勉強が足りません。なんでも、弁護人が被疑者・被告人に代わって被害者に謝るべきかどうかは、刑事弁護をやっている弁護士の中でも結構意見が分かれるそうです。「少なくとも、弁護人は謝る立場ではない。中立であるべきだ」みたいに言うベテランの方は多いですが、僕はすぐに謝ってしまいますね。

 僕の大学の先輩の中には、被害者に土下座までした人もいます。むしろ、させられたのかな。ところが、それで被害者に惚れられて、その人の顧問になったそうです。

 それで仕事が来ることがあるんですか。

 今のエピソードは数少ない例外でしょうね。いきなり弁護人が謝ったりすると、「あんたに謝られてもしょうがない」と反感を持たれて話がこじれることもあるでしょう。ただ、アポを取った段階では相手がどんな人かがわからないので、話の切り出し方がものすごく難しいです。

 じゃあ、現地に行って、直接相対してから対応を決めているんですか。

 そうですね。そもそも被害者に電話をかけるのは、むちゃくちゃ気を使います。その人にとって都合のいい時間帯が読めません。

 電話は難しいんですね。

 「午後の6時か7時ぐらいなら、まあ仕事は終わっているのかな」と思いきや、「なんだ、こっちはまだ移動中だ」とか怒られて、そこで機嫌が悪くなったら元も子もありません。そういう意味ではいくら神経を遣っても遣い切れないところがあります。検察官のときは、そういう苦労は全然ありませんでした。

 そうですよね。検察官に「謝る」はないですからね。

 先ほど「検察官は誰の味方でもない」と言ったことの裏返しみたいなもので、理屈としては誰にも謝る必要がないですから。「どうもすいません」と、上司に口だけは謝っているけど、悪いと思って謝ったことはないみたいな。

 弁護人をやっていると、被害者への対応は難しいですよ。それに、事件を客観的に見ている以上、被害者が気の毒だと思う事件はたくさんあります。でも、検察官でなく弁護人である自分は、被疑者・被告人のために活動しているわけです。

 それはジレンマですね。

 スタンスは本当に難しいです。被害者と会った際に、あえて被疑者のことを悪く言うテクニックもあります。僕はまだやったことがありませんが、このやり方を勧められたことがあります。

 それをやっている弁護士はいますか。

 いるみたいです。弁護人の被害者への対応方法については、議論が結構あるみたいですね。

 自分に嫌悪感を抱いてしまいそうですね。

 そうですね。だから、弁護人とはどういう立場であるべきかを考えていくと、さらに抽象的で難しい「そもそも弁護人とは、弁護士とは何ぞや」という議論にたどり着く気がします。

 どの範囲までかという。

 早い話が依頼者との距離感というか。確かに、弁護人が代わりに謝ってもしょうがないのは事実です。

 難しい……。

 だから、被疑者や被告人に詫び状を書いてもらって、被害者に持っていくという手もあります。

 当然、その場で被害者から「示談したらどうなるんですか」と聞かれますが、そこで「こちらに有利になるので、どうかすると不起訴になります」と言ったら、相手は考えてしまいますよね。

 それも、ちゃんと正直に言うんですね。

 それはそうです。そうしないと、だまし討ちになりますので。その辺をごまかしたところで、あとで検察官が必ず追い込みをかけてきます。それが検察官の仕事です。

 弁護人が示談をまとめると、検察官に示談の書面を送ります。そうしたら、必ず検察官が電話でチェックします。「どういういきさつで、示談になりましたか?」と尋ねるわけです。

 そこで「弁護士はどういう話をしていましたか? 示談をしたら有利になる可能性があるとか、説明してくれましたか?」と、僕だったら絶対に聞きます。そこで被害者が「そんなのは聞いてないです」と言ったら、「被害者は、弁護人からこういうことは聞いていない」という報告書を作って裁判所に出します。

 いくら被疑者や被告人のためと言っても、示談が刑事裁判でどんな意味を持つのかをまるで説明しないで交渉するのは、アンフェアです。

 確かにそうですよね。

 今は、ムキになって示談にけちをつける検察官も多いのです。少しでも弁護人の示談交渉を「妨害する」と言うとおかしいですが、例えば、被害者が「被疑者・被告人に寛大な処分を望みます」と言ってくれた場合で、示談書に普通の人が使わない「宥恕(ゆうじょ)」という言葉が書いてあると、それだけで一部の検察官は「弁護人が勝手に示談書を書いた」とか、いちゃもんをつけるわけです。

 そこまでして妨害するんですか。

 検察官にもよります。ひょっとしたら、不正を行っている弁護士がいるかもしれないという疑いをもってやっているのでしょう。

 ただ検察官の中には、そこからさらに勘違いして、とにかく刑が重ければいいと考えている人がかなりいます。非常によくないことです。その人が犯した罪にふさわしい刑の重さというものがあります。

 でも、とにかく重ければいいと考えている検察官が、実はすごく多いのです。私の在職中にもいましたが、最近の若い検察官には、こういうタイプの人が増えていると思います。検察庁の教育が悪いのでしょうね。

いい意味での駆け引きは必要

 交渉が得意な人っていますか。

 交渉事が本当に上手い、本物の弁護士タイプの人は、確かにいますね。僕は、交渉はあまり得意ではありませんが……。そもそも検察官はむやみに駆け引きをしてはいけない仕事ですから。

 確かに。

 検察官はストレートを投げ込んでいないとアンフェアでしょう。そう言いながら、証拠は隠してますけど。でも、弁護人や裁判官とは、まず駆け引きをしません。正直であることが大切です。もっとも、証人尋問での攻防は駆け引きかもしれませんが……。

 僕が検察官だったとき、弁護人から電話で起訴・不起訴の予定を尋ねられた場合は、方針が決まっていないときは「わかりません」と言うし、決まったら「不起訴に決まりました」と言っていました。

 当たり前のことですが、弁護人にこれらを曖昧にしか言わない検察官が、たまにいるのです。日頃から、弁護人を敵視する教育が行われているからだと思います。「敵に塩を送るな」ということなのでしょう。

 検察官は直球を投げてこそですが、弁護士はそうでもありません。いい意味での手練手管は絶対に必要です。その意味では、僕は先に検察官をやっているからダメなのかな。

 先に弁護士をやってから検察官をやっていれば、違ったかもしれませんか。それって、法曹一元のことですね。

 そうかもしれませんね。検察官は社会の中で揉まれていませんから。司法修習が終わってすぐに検察官になって、その後は検察庁という国家権力組織に守られていますからね。

(2021年05月17日公開) 

12
インタビュイープロフィール
市川寛

(いちかわ・ひろし)


1965年、神奈川県生まれ。中央大学卒。1990年に司法試験(第45期)に合格し、1993年検事任官。2000年から佐賀地検に三席検事として勤務し、佐賀市農協背任事件の主任検事を務める。同事件の被疑者に不当な取調べを行ったことについて法廷で証言し、大きく報道される。その後、被告人は無罪となった。2005年に辞職し、2007年弁護士登録。
 著書に『検事失格』(毎日新聞社、2012年)、『ナリ検』(日本評論社、2020年)などがある。

インタビュアープロフィール
浅見理都

(あさみ・りと)


漫画家。1990年、埼玉県生まれ。『第三日曜日』で第33回MANGA OPEN東村アキコ賞を受賞。『イチケイのカラス』は自身初の連載(モーニングで連載、2018年24号〜2019年14号)。


こちらの記事もおすすめ