刑事弁護の情報と知が集まるポータルサイト

笹倉香奈

『オアシス・インタビュー』第2回

【2/3】えん罪救済センターとSBS検証プロジェクト は何を目指すのか

実務家と研究者との連携

インタビューアー:小石勝朗(フリーライター)

目次
【2】 アメリカのイノセント・プロジェクト
P1 アメリカ留学で研修
【3】 台湾のイノセント・プロジェクト
P2 台湾のイノセンス・プロジェクトとの交流

12

2 アメリカのイノセンス・プロジェクト

アメリカ留学で研修

小石 話が少し戻りますが、アメリカのイノセンス・プロジェクトについてお尋ねします。笹倉さんは留学中にそこで研修を受けたそうですが、具体的にはどんな活動をされましたか。

笹倉 2011年から1年間、シアトルにあるワシントン大学に行きました。当時、そこのイノセンス・プロジェクトが活発に活動しており、図書館に通って勉強するだけではもったいないので、行こうと思いました。最初は学生に交じって活動していましたが、一所懸命やっていたら、「オフィスに机あげるよ」ということになり、朝から晩までそこにいました。私自身は、DNA鑑定で救える事件を5、6件担当しました。資料を全部読み込んで、この事件ではこういう証拠を探せばいい、DNA鑑定をすればいいということを、弁護士と一緒に検討する活動をしていました。当時、このイノセンス・プロジェクトは、ワシントン大学のロースクールの中のクリニックでしたが、今ではもう少し拡大して、NPOになって、大学からも独立したようです。

小石 イノセンス・プロジェクトにはいろいろな形態があるのですか。

笹倉 そうです。一番多いのは、大学の中のクリニックとしてあるものです。そのほかにも、法律事務所や公設弁護人事務所の中にあるものもあれば、企業法務の大規模法律事務所の中に社会貢献活動の一部署として開設されたものもあります。「お金を稼いでいるだけじゃないぞ」ということでしょうか。松本潤がやっていたドラマ「99.9(-刑事専門弁護士-)」の班目法律事務所と同じでしょうか。あとは、NPO化したところもあります。

 アメリカの場合は基本的に、大学の中にあれば大学のお金でスタッフを雇えます。だいたい専任の先生が1人以上大学に雇われています。連邦政府が2004年の無実者保護法で連邦の補助金を作りまして、こういう活動をしている団体には、日本の文部科学省の研究補助金(科研費)のように補助金を出しています。それで、あと何人か弁護士が雇われています。

アメリカをモデルにしたセンター

笹倉 えん罪救済センターをつくるときに、自分がアメリカで参加していたイノセンス・プロジェクトをモデルにしました。アメリカでは第1スクリーニング、第2スクリーニングがあって、その第2スクリーニングのときのいろいろな調査を学生が担当します。もともとの目撃証人に話を聞きに行ったり、依頼者に会いに刑務所に行ったり、文献を読み直したり、専門家に会いに行ったりするのを学生がやりました。ただ、学生がやるものにはミスが付き物なので、弁護士がもう1回全部チェックしてから、再鑑定の申立書を裁判所に持っていく、あるいは検察官と交渉します。DNA鑑定が必要な場合は、アメリカではDNA鑑定を保障するための法律が各州にありますので、とてもやりやすいですね。

小石 それは権利として認められているのでしょうか。

笹倉 そうです。DNA鑑定を申し立てる書面を起案して、それを検察官に見せて、まずは交渉する。検察官が受け入れなかったら裁判所に持っていってDNA鑑定命令を取ります。これが出れば、検察が持っている証拠でも提出を拒めないことになります。DNA鑑定をしていい結果が出たら、日本でいう再審請求とは少し違いますが、人身保護請求をします。証拠を持っている機関自体は、州にもよりますが、警察や検察の場合もあるし、科捜研に当たるような組織がもともとのDNAの抽出液をまだ保存していたりすると、それを再鑑定するなど、いろいろな機会が保障されています。

小石 そうすると、鑑定した試料を何十年か長期間保存しておかなければいけないという法律があるのでしょうか。

笹倉 今、そこがアメリカで問題になっています。保存・保管についての法律は全米でまだ半分ぐらいの州にしかありません。だから、その法整備に力を入れています。台湾も2016年にDNA鑑定命令の法律を作っていて、次に保存・保管のための法律を作ろうとしています。その意味では、日本は台湾にかなり遅れを取っている感じがします。

小石 日本は確かに遅れていますね。飯塚事件では、捜査側が DNA鑑定試料を全部消費してしまって、再鑑定ができなくなって再審請求に支障が出ています。試料があれば、明らかにえん罪であることが証明できると弁護団はくやしがっています。

 アメリカでは、イノセンス・プロジェクトの活動でどのくらいの数のえん罪が救済されたのでしょうか。

笹倉 1992年以降に全米で雪冤をされた事件は、合計すると2271件です。DNA鑑定で雪冤されたのが、360件程度です。そのほかに、DNA鑑定だけでなく雪冤されている事件が約二千件あります。ただ、それはイノセンス・プロジェクトだけでなく、いろいろな団体や個人がやっている事件も含みます。

アメリカにおけるえん罪救済の最前線
2019年1月12日に行われた「シンポジウム・アメリカにおけるえん罪救済の最前線」(主催:ニューヨーク大学ロースクールアメリカ・アジア法研究所、えん罪救済センター、立命館大学 立命館グローバル・イノベーション研究機構)

12
用語解説

こちらの記事もおすすめ