刑事弁護の情報と知が集まるポータルサイト

笹倉香奈

『オアシス・インタビュー』第2回

【3/3】えん罪救済センターとSBS検証プロジェクト は何を目指すのか

実務家と研究者との連携

インタビューアー:小石勝朗(フリーライター)

目次
【4】乳幼児揺さぶられ症候群(SBS)への取り組み
P1 SBSへの関心 P2 虐待問題とSBS P3 支援グループの立ち上げ

123

4 乳幼児揺さぶられ症候群(SBS)への取組み

SBSへの関心

小石 えん罪ともつながっていると思いますが、今、笹倉さんの一番の研究テーマのひとつが、乳幼児揺さぶられ症候群(SBS)だと聞いています。『季刊刑事弁護』94号にも特集が組まれていましたが、SBSとはどんなことでしょうか。

笹倉 アメリカやイギリスで1970年代に提唱された医学理論で、目立った外傷がないにもかかわらず、乳幼児の硬膜下血腫や網膜出血があれば、揺さぶり行為によってそれらの症状が生じたと考えられるという仮説です。英語のShaken Baby Syndromeの頭文字をとって「SBS仮説」と呼んでいます。この理論が1980年代、1990年代にかけてアメリカにおいて、硬膜下血腫、網膜出血に加えて脳障害(いわゆる3徴候)が生じた場合、他の死亡や傷害の原因がない場合は揺さぶられたことによって死亡や傷害が生じたものと推定できるという理論に発展しました。養育者が低位落下による事態と主張しても、低位落下では3徴候は生じないから養育者は嘘をついている、虐待による揺さぶりだとされるのです。

 このようにして、死亡したあるいは傷害を負った乳幼児に最後に接した養育者が揺さぶりによる加害を与えたものと推定できる、というSBS虐待理論が展開されました。日本でも、1990年代以降、アメリカでの議論の影響により、SBS仮説に基づく虐待論が、一部の医師によって推進されました。2010年ころから、これらの医師による鑑定に基づき、警察・検察が養育者を積極的に訴追するようになり、有罪判決が出るようになりました。

 日本にもSBSの刑事事件があることには気付いていたのですが、えん罪救済センターの立ち上げもあってなかなか動くことができませんでした。ただ、2017年に大阪弁護士会の秋田真志弁護士と連絡を取り始め、色々調べていくうちにSBSの事件がかなり多いことに衝撃を受けました。特に大阪に多かったのですが、理由の一つは、大阪で一部の医師が警察や児童相談所と連携して、児童虐待の防止に力を入れていたこともあると思います。ただ、その背景には、2000年代中頃まで児童虐待がきちんと顧みられてこなかったという問題があります。その反動もあったと思います。

小石 笹倉さんは、いつ頃から関心をもっていたのですか。

笹倉 アメリカへ留学したとき、アメリカではSBS事件のえん罪が多いとは聞いていました。ただ、私は現地ではDNA鑑定の事件ばかりやっていたので、SBSについてあまり詳しく研究する機会がありませんでした。そういう問題があるということを知るだけで、日本に帰ってきました。

 2016年ころだったと思います。えん罪救済センターの運営委員もしてくださっている大阪弁護士会の正木幸博先生が、あるSBS事件を担当していたので、アメリカの資料を送ったりしていました。その正木先生が2017年1月のはじめに、秋田真志弁護士とたまたま昼食を食べた際に、SBSが話題になったそうです。秋田弁護士も別のSBS事件を担当していたのですが、アメリカでSBSにえん罪の疑いがあると問題になっていることはそのときは知らなかったようです。すぐに正木弁護士を通じて秋田弁護士からメールがきました。そこで、脳内の出血は低位落下などほかの原因でも起こるというアメリカの研究論文などを送りました。そうしたら、秋田弁護士が今持っているケースがその件と関係するのではないかということで、情報交換を始めることになりました。

 ほかにもSBS事件を抱えている弁護士が大阪に結構いることが分かり、2017年4月に龍谷大学梅田キャンパスでSBSについての勉強会をしました。その後、海外の状況も知りたいのでシンポジウムをやろうということで、アメリカやイギリスの研究者や弁護士とも連絡を取り始めました。

 さらにスウェーデンでは、SBS仮説を見直す2014年の最高裁判決後、2016年に政府機関の報告書も出ていました。実状を知るために、2017年夏にスウェーデンに行きました。そこでいろいろな衝撃的な話を聞いて、これは日本も頑張らなければいけないということで、20179月にSBS検証プロジェクトを立ち上げました。私と秋田弁護士が共同代表で、SBS事件を担当している大阪の弁護士たちが中心ですが、現在ではそのほかにも全国でSBS事件をやっている弁護士や興味のある弁護士が入っています。

123
用語解説

こちらの記事もおすすめ