刑事弁護の情報と知が集まるポータルサイト

『オアシス・インタビュー』第3回

〈自敬の念〉の欠落が誤鑑定を生む

指紋鑑定にも第三者機関を


齋藤保(指紋鑑定士)
2019年4月5日、栃木県宇都宮市の齋藤鑑識証明研究所にて。

日本初の民間指紋鑑定

——齋藤さんは、これまで数々の冤罪事件で無罪に結びつく指紋鑑定をしてきました。それも民間で指紋鑑定の仕事を本格的にされています。どういうきっかけではじめたのでしょうか。

齋藤 1965(昭和40 )年に、たまたま栃木県警に事務職員として就職し、そこで29年間指紋鑑識の仕事をしてきました。そこで、約7000件の指紋鑑識にたずさわりました。このような経過の中で、指紋鑑定の魅力に目覚め、仕事をしながら頭の隅では民間活用ができないものか、と考えるようになりました。一念発起し、指紋鑑定は、警察で十分な働きをしているので、民間でもきっと役に立つはずだと、1996年(平成8) 年4月に50歳で中途退職し、2年後に「齋藤指紋鑑定事務所」として開業しました。そして11年後に現在の会社に組織変更し、息子の健吾とふたりで運営しています。

——東京にも事務所を設けていますが、いつ開設したのでしょうか。

齋藤 昨(2018)年の6月からです。鑑定のやりとりは、面談してクライアントの要求を十分聞くことが重要です。クライアントとのコミュニケーションを密にすることが事案を解決することに通じます。クライアントにしてみれば、鑑定は決して安いものではないので、どんな人が鑑定しているのか不安だと思います。それを解消する手段としても有効です。また、事件について弁護士と直接やりとりすることによって、弁護士の要求の内容や争点がより明確になって、的確な鑑定に結びつきます。それは電話ではむずかしいと思います。

——指紋鑑定で、印象に残った事件はありますか。

齋藤 それは狭山事件ですね。この事件で、冤罪の実態をはじめて体験することができました。1999(平成11)年2月に、狭山事件再審弁護団からはじめて鑑定の相談を受けました。

 その当時、冤罪がこの世にあるなんて信じていませんでした。それまでは、被疑者・被告人はウソをつくものだし、刑罰から逃れたいという心理は当然起きますし、それを弁護人は助長するものくらいに考えていました。それで、警察は鑑定の間違いや見落としはしないものだと思っていましたが、狭山事件の数々の資料を見ていたら、たくさんの隠された事実や見落としが出てきたのです。本当に目からウロコでした。事実を証明しようとする物の見方の原点は狭山事件にあります。狭山事件では、脅迫状や封筒の指紋鑑定など9点の鑑定をしました。

——指紋鑑定(鑑識)の仕事を始めたのは、いつからでしょうか。

齋藤 就職の際、予備で受けた警察事務職員採用試験の面接で、面接官から「仮に採用された場合は、どんな仕事に就きたいか」と突然尋ねられました。咄嗟に「科学捜査みたいなものに興味があります」と伝えたことを覚えていますね。

 その後、第一志望が不採用になってしまったものの、幸いにもその試験に合格したので就職できました。採用後、最初の任命が刑事部鑑識課指紋係でした。任命を聞いたとき、面接の際に咄嗟に出た返答が活かされたと思いました。これが現在の私どもの会社につながるとは少しも思っていませんでした。人生は、何がきっかけで定まるのかわからないものですね。

——栃木県警で、ずっと指紋鑑識に携わっていたのですか。

齋藤 そうです。なぜ、鑑識課で指紋係を継続して勤務できたのか。それは、単に、その仕事が面白くて転勤の希望をしなかったからです。指紋鑑定の心境は“スナイパーの心”です。たった1個の指紋で、何もわからない犯人像を膨大な指紋原紙と照合し、その中から犯人を発見する。そして、証拠化し、事件を解決に導いていくのです。重要凶悪事件では、指紋がヒットした場合、捜査本部の流れがガラッと変わり、あわただしく捜査が進展します。小気味よさを実感するときですね。だから、転勤希望を出さずに指紋係継続で勤務していました。

——途中、鑑識係に転勤されていますが、そこではどんな仕事をされたのでしょうか。

齋藤  採用から5年たったところで、日光警察署の鑑識係へ転勤となり、3年間勤務しました。実は、この3年間で現在の刑事事件鑑定の証拠収集活動の経過を体験することができたのです。鑑識係は、指紋採取はもとより、各種鑑識資料の採取に従事しながら、実況見分の際の写真撮影をしたり、現場状況図面を作成したり、送致記録を編綴(へんてつ)する特務係の手伝いをしたりして、刑事手続の基本に従事していました。

 日光署で3年目の時には、殺人事件が2件同時に発生し、捜査本部を掛け持ちすることになりました。たいへんめまぐるしかったことを憶えています。この2件の殺人事件の解決も、現場で採取した指紋が大きく貢献していました。

 1件は、遺留品のたばこのセロハン紙から苦労して指紋を採取し、そこから鑑識課で犯人を割り出してくれました。もう1件は、やはり苦労しながら被害者の死体指紋を作成し、その指紋から県外に住む女性の身元を割り出し、捜査員によって身辺捜査をしたところ、あたかもテレビドラマのような展開で解決しました。その後、再び鑑識課指紋係に戻されて通算16年間、指紋係として鑑定に従事しました。

 鑑識課では、重要凶悪事件が発生すると機動鑑識班とともに、指紋係からも応援で現場臨場し、指紋採取に従事していました。特に、殺人事件の解剖には、必ず指紋係が同行し、解剖の前に指紋、掌紋の採取をしていました。これは、意外と知られていないことです。

用語解説

こちらの記事もおすすめ