刑事弁護の情報と知が集まるポータルサイト

漫画家・浅見理都が刑事弁護人に聞くザイヤのオオカミ

第3回 久保有希子弁護士に聞く(2)

常に謙虚であり続ける

どんな話でも決めつけず、受け止める


12

やりがいを感じる瞬間

 事件を受けるときに、「やりたくないな」と思うことはありますか。

 事件内容でやりたくないと思うことはないですね。例えば、重たい事件か軽い事件かとか、否認事件か認める事件かとか、そういうことで区別することはありません。

 内容に関してはないというのが驚きです。じゃあ、人ではありますか。

 その人の立場などで区別することはないですね。例えば、突然事務所に電話がかかってきて「無償で全部やってください」と言われたら、さすがに難しいでしょうが、一方で単純にお金の問題ということでもありません。刑事事件が好きですし、知人の弁護士から紹介されたり、共同受任を頼まれたりすると、まず受任しています。

 刑事事件に魅力を感じているんですね。弁護士として、やりがいを感じる瞬間はどんなときですか。

 民事でも刑事でも共通していますが、依頼者と信頼関係ができていると感じられたときですかね。

 具体的に、どんなときですか。

 弁護方針を決める場面など、依頼者とは日々コミュニケーションをとらなければなりません。「方針については、弁護士に任せます」というスタンスになることもありますし、「ここは今の主張のままだと受け入れられないよ」といさめる場面もあります。そういう時にきちんとコミュニケーションがとれていると、信頼してもらえているなと感じます。

 あとは、やっぱり弁護活動が終わって、不起訴になったり、身体拘束から解放されたりという結果を出した上で、「頼んでよかったです」と言ってくれる場面にやりがいを感じます。

 依頼者からしたら、本当にありがたいと思います。信頼関係を結ぶために、意識してやっていることはありますか。

 先ほどの話のくり返しになりますが、依頼者の話を無碍(むげ)に否定したりしないようにしています。あり得ないと思われるような話だとしても、そんなことが起こるかもしれないというスタンスで臨み、話をいったん聞いて受け止めます。

 その上で、どういうふうに依頼者の言い分を裁判所に出すのがいいのか。それをそのまま全部出すのが、依頼者にとって本当にプラスになるのか。証拠も踏まえて考えますが、まずはいったん全部を受け止めて考えます。言いなりになるのとは全然違い、話を単純に、私の勝手な価値観とか主観だけで判断しないようにすることです。

 荒唐無稽な弁解を聞くことは、やはり多いですか。

 たまにありますね。私の事件ではありませんが、尿から覚せい剤の成分反応が出ているのに、なぜ覚せい剤の成分が体に入ったのかわからない。キムチをたくさん食べたからみたいな主張です。

 普通の人がパッと聞くと「そんなはずない」と思います。それでも科学的に見れば、もしかしたら陽性になる可能性があるかもしれない。だから、調べないといけないという前提で話を聞きます(実際、そういう実験結果があるそうです)。

 確かに一蹴してしまいそうな弁解です。「やっぱり言い訳じゃないかな」と思ったりしますか。

 言い訳というより、「そういうスタンスなのね」という感じで受け止めますね。

 クールですね。

 一般的に見て、荒唐無稽かどうかという観点で考えはします。受け止めはしますが、それについてどうこう思ったりはしない。というか、そういう主張をする依頼者に対して、何か思うことは全然なく、とりあえず「この視点では、こういう主張をするんだな」と思って、あらためて検討するぐらいです。

弁護活動の好きな点

 弁護活動の一連の流れの中で、特に好きなところはありますか。例えば、被告人質問とか。

 一番好きなのは、弁論ですかね。

 弁論のどんなところですか。

 弁論はこれまでの活動を総まとめする場面で、法廷の真ん中に立ち、裁判官と裁判員の顔を見ながら話をします。説得するという行為自体にやりがいを感じますね。

 弁論するには、そこまでの法廷での尋問で、ある程度、自分が思い描いていたことを証人や被告人から聞き出すことができて、初めてできる部分があります。そこまでの尋問を計画していたとおり、きちんと進めた上で弁論できたという達成感もあるかもしれません。

 なにより依頼者を守るためにできる最後の場面でもあるので、特に気持ちも高ぶるのかもしれません。

 それは考えているときよりも、実際に法廷に立っているときのほうが楽しいんですか。

 そうですね。私は圧倒的に法廷での活動が好きですね。尋問準備も好きですけど。

 そうなんですか。じゃあ、緊張もあまりしないんですか。

 あまり緊張はしないほうだと思います。

 私だったら、緊張しまくりです。緊張しない秘訣、何かありますか。

 まずは事前準備でしょうか。記録を読んで打合せをし、事前にできることはすべてやったという前提があれば、一つの自信になります。

 また「少しの緊張は集中力につながる」と聞きます。だから、反対尋問や弁論の前などに緊張しそうになると「集中力が高まってきた」という意識を持ち、それを維持して楽しむようにしています。

 あとは人前で話す機会が多いと単純に慣れるということがあると思います。小学生のときに合唱をやっていたことが、人前で話すことの訓練になっていたのかもしれないと思うことはありますね。

(2021年06月28日公開) 

12
インタビュイープロフィール
久保有希子

(くぼ・ゆきこ)


2007年弁護士登録。日弁連刑事弁護センター事務局次長。共著書として、日弁連裁判員本部編『裁判員裁判の量刑』(現代人文社、2012年)、『刑事弁護ビギナーズver.2.1』(現代人文社、2014年)、日弁連刑事弁護センター編『裁判員裁判の量刑Ⅱ』(現代人文社、2017年)、科学的証拠に関する刑事弁護研究会編『刑事弁護人のための科学的証拠入門』(現代人文社、2018年)など。

インタビュアープロフィール
浅見理都

(あさみ・りと)


漫画家。1990年、埼玉県生まれ。『第三日曜日』で第33回MANGA OPEN東村アキコ賞を受賞。『イチケイのカラス』は自身初の連載(モーニングで連載、2018年24号〜2019年14号)。


こちらの記事もおすすめ