刑事弁護の情報と知が集まるポータルサイト

漫画家・浅見理都が刑事弁護人に聞くザイヤのオオカミ

第5回 石野百合子弁護士に聞く(4)

「法律家の枠をこえる」弁護士の仕事

非行を犯した少年が、自分と向き合えるように寄り添う


12

マニアックなファンも納得する『イチケイのカラス』

 『イチケイのカラス』、めっちゃ面白かったです。

 ありがとうございます。

 今さら言うなっていう話ですけど、すごい綿密に取材されていて、こんなに正確な刑事裁判の漫画があるんだと思ってビックリしました。

 櫻井(光政)先生が、「このケースだったら、こういう対処をする」と細かく教えてくださったので、監修の先生方のおかげっていうのはあります。

 一人ひとりの登場人物が、「あっ、いるいる! こういう検察官っている!」って。残念なキャラ設定だけど「そういう人いる!」みたいなことが多かったです。

 ダメな弁護士とか。

 本当にそうですよ。代表して「なんかすみません」って謝りたくなるような……。

 描いてる方としては、ダメな方が面白かったりするんですけどね。

 そうかもしれませんね。あと、判決文がすごい小さな字で、全文載ってるのがすごく面白かったです。

 あれを全部読んでくれる人っているのかなって疑問だったんですけど、あの判決文を全部読んでくださった方、結構いるんですよ。

 マニアックな見方であるのは事実かもしれないですね。ただ、全部載ってるから伝わる部分はありますよね。全部入れるの、大変じゃなかったですか。なんで全部入れることにしたんですか。

 監修の片田(真志)先生が、「このケースでは、判決文、こういうふうに書きます」というメールくださったんです。

 そのメールを編集担当者も読んでいて、これは文量的にもそんなに長くないし、もしかしたら載せられるんじゃないか。そう思って、文字ばかりになるんですけど、思い切って見開きで全部載せようということになりました。

 でも、やっぱり賛否はありますね。「これは漫画じゃない」みたいなことを聞きましたし。確かに、文字だけですから。

 でも、プロの方たちには好評で、嬉しかったです。

 私が見てすごいなと思って感動したので、弁護士じゃない友達にも、たくさん紹介しましたよ。

 ありがとうございます。結構、留置場にいる人からはがきをもらったりして、留置場って「モーニング」読めるんだって、ビックリしました。

 意外と、読めるんですよ。

 あと、施設収容中の少年に面会に行ったとき、「この間、テレビつけてたら、(一緒に事件を担当した)A先生が出てたんですよ」と言われたこともあります。

 私、そのことを知らなくて、「えー! 知らなかった。じゃあ、ここ出たら、A先生にテレビ出てたらしいですねって連絡しておくね」と。

 で、私がA先生に「A先生テレビ出てたって、Zくんが言ってましたよ」って言ったら、「あいつ、よく見てるな」とか言って。

 テレビも見れるんですね。

 少年院でも刑務所でも、一定時間テレビは許可されていると聞いています。

 へぇー。何のテレビに出てたのか、気になりますね。

会社勤めから法曹の道へ

 「ザイヤのオオカミ」でのインタビューでは、毎回聞いているんですけど、今の仕事は天職ですか。

 この仕事をやる前に、私は民間の企業で働いていたんですけど、そういう経験を踏まえると、今の仕事は広い意味で自分に向いていると思います。

 会社勤めをされていたのに、どうして法曹の道に入ることになったんですか。

 なんとなく就活して、なんとなく民間企業に採用してもらい、なんとなく入ったんですが、企業で働くイメージが自分には全然ありませんでした。

 若かったこともあって、「何のためにこの仕事をやってるのか」「これって、意味ないのでは?」と考え込んでしまったんです。いろいろ考えた結果、私は人にわかりやすく「ありがとう」と言ってもらったり、わかりやすく人に喜んでもらえる仕事をずっとしたかったことに気づいたんです。

 もともと金融機関にいたのですが、大きな組織の中で、ある部分に関わり、一定の成果を上げたり、大きな金額を動かしたりしたことはあっても、やったことに対して、直接感謝されるような感じがあまりしなかったんです。

 やはり、個人の顔が見えるところで仕事をし、喜んでもらう方が自分には向いているんじゃないかと思って、会社を辞めて飛び出したんです。

 だけど、飛び出したら「実は私、何もできないのではないか?」と思い知らされました。大企業では名刺を持っていれば社長さんとかに話をしてもらえていたのですが、会社を辞めた後は自分には何もスキルがないんだなって思いました。

 「このままじゃ、私、まずくないか?」
 「自分で勉強をし直して、自分に力をつけないと、次に転職しようとしても簡単にはいかないんじゃないか」

 そんな気分になってきて、ふと昔、弁護士になりたかったことを思い出しました。まわりに相談してみたら、大学のゼミの教授は「君には、そういう仕事が向いてるんじゃないか」と言ってくださったし、母親には「そうだ、中学校の受験のときに、『弁護士になりたいです』と言ってたよ」って言われました。

 そのようなこともあってかロースクールに行くようになり、弁護士になったという感じです。実際に弁護士になってみるとすごく自由度が高いので、自分がやりたいことを納得できるようにやれるのがいいですね。

 ただし、熱を出しても、誰も代わりにはなってくれないし、仕事でミスしても、守ってくれる上司もいませんが……。

 もともと弁護士になりたいっていう気持ちは、うっすらとでもあったんでしょうか。

 確かに、ありました。大学の1、2年のときに司法試験を1回受けてみようと思って、予備校本をめくってみたりしたことはあるんですけど、そのときは弁護士よりも民間企業のほうが広い世界なんじゃないか、っていう感じがしたんです。

 だから「私は社会に出て、まず民間企業で世の中を知るんだ」という気持ちになって民間に行ったんですね。今となってみると、弁護士も事件や相手だけを見ると、すごく狭い世界ですが、そこから見えてくるものはすごく広い世界です。

(2021年11月19日公開) 

12
インタビュイープロフィール
石野百合子

(いしの・ゆりこ)


埼玉県生まれ、神奈川県育ち。東京大学経済学部経営学科卒業。都市銀行勤務後、早稲田大学大学院法務研究科修了、平成23年弁護士登録。新百合ヶ丘総合法律事務所共同代表。日弁連子どもの権利委員会幹事。『少年事件ビギナーズ ver.2』の編集も務める。地域に根差した弁護士業務を行うかたわら、少年事件や犯罪被害者支援、高齢者障がい者支援なども積極的に行っている。

インタビュアープロフィール
浅見理都

(あさみ・りと)


漫画家。1990年、埼玉県生まれ。『第三日曜日』で第33回MANGA OPEN東村アキコ賞を受賞。『イチケイのカラス』は自身初の連載(モーニングで連載、2018年24号〜2019年14号)。


こちらの記事もおすすめ