刑事弁護の情報と知が集まるポータルサイト

プライバシーポリシー

個人情報の取り扱いについて

【基本的な考え方】
1.当組織(刑事弁護オアシスコンソーシアム)は、個人情報保護法その他の関連法規を遵守し、保有する個人情報の安全管理のため必要かつ適切な措置を講じます。
2.当組織は、個人情報保護法に関する内部規定を整備し、これを継続的に改善します。
3.当組織は、偽りその他の不正の手段により個人情報を取得せず、また、取り扱う個人情報の利用目的の特定・明示に努めます。
4.当組織は、原則として、特定された利用目的の範囲内で個人情報を取り扱います。
5.当組織は、個人情報を正確かつ最新の内容に保つよう努めます。
6.当組織は、正当な理由がある場合を除き、本人の同意なく個人情報を第三者に提供しません。
7.当組織は、従業員・委託先に対し個人情報保護のために適切な監督を行います。
8.当組織は、保有個人データの開示、訂正、利用停止等の本人からの請求に対して適切に対応します。

【個人情報の内容】
当組織における個人情報とは、「お名前」「ご住所」「電話番号」「FAX番号」「電子メールアドレス」「IPアドレス」「口座番号」「購入履歴」など、個人を特定できる情報のことをいいます。

【利用目的】
 当組織が取得した個人情報について、法令に定める場合又は本人の同意を得た場合を除き、以下に定める利用目的の達成に必要な範囲を超えて利用することはありません。
(1) 本Webサイトの運営、維持、管理
(2) 本Webサイトを通じたサービスの提供及び紹介
(3) 本Webサイトの品質向上のためのアンケート
(4) メールマガジンの配信

個人情報を取得した場合には、その利用目的を明示します。ただし、取得の状況からみて利用目的が明らかであると認められるときか、正当な理由があると認められるときは除きます。

【情報の開示】
当組織では、個人情報の開示をご本人から求められた場合には、遅滞なく、当組織の保有個人データを開示いたします。ただし、当組織の業務の適正な実施に著しい支障を及ぼすおそれがある場合その他正当な理由がある場合を除きます。
情報の開示請求は、当組織が別に定める手続きに従って行っていただきます。開示手数料として実費程度をご本人に負担していただく場合があります。

【情報の変更・訂正・削除】
当組織では、保有個人データの内容が事実と異なる場合においては、ご本人からの請求により、利用目的の達成に必要な範囲において、当該保有個人データの内容の訂正、追加または削除を行います。 ただし、訂正が困難な場合には、ご本人の権利利益を保護するために必要なこれに代わるべき処置をとります。

【利用および第三者提供の制限】
あらかじめご本人の同意を得ないで、特定された利用目的の達成に必要な範囲を超えて、個人情報を取り扱いません。
当組織は、業務の委託先以外の第三者に対して、個人情報を開示または提供しません。ただし、以下の場合にはこの限りではありません。
1. 法令に基づく場合
2. ご本人の同意を得た場合

【委託先】
当組織が信頼に足ると判断した企業に、業務の一部として個人情報の取り扱いを委託する場合がありますが、委託先が適切に個人情報を扱っているかを監督するよう努めます。

【セキュリティの確保】
取得した保有個人データは、個人情報の紛失、誤用、改変を防止するために、管理責任者を配置し適切な管理、保護に努めます。

【IPアドレスとクッキーについて】
当組織のWebサイトでは、利用者の方がインターネットに接続しているコンピュータのIPアドレスを取得しています。
当組織のWebサイトでは、一部コンテンツにおいてブラウザの標準機能としてのクッキー機能を利用する場合があります。クッキーは、Webサイトを訪問したときに、そのWebサイト利用者のハードディスクに書き込む小さなデータファイルで、Webサイトは利用者がどのページを訪れたかなどを記録できます。当組織は提供する情報やサービスを充実させるため、ご利用状況を把握するため、当組織Webサイトのサービスを改善するためなどの目的でクッキーを利用します、この場合、あらかじめ利用者の承諾を得た場合を除き、個人情報を取得することはありません。ブラウザの設定によりクッキーを無効にする設定を行うこともできますが、その場合一部のサービスを正常に受けられない場合もありますのでこの点ご了承ください。

【改定】
このプライバシーポリシーを改定する場合には、すみやかに公表または通知いたします。
利用目的の改定は、改定前の利用目的と相当の関連性を有する範囲で行います。

以上のプライバシーポリシーは報道を目的とする場合には適用されません。