刑事弁護の情報と知が集まるポータルサイト

10月31日、支援事件についてシンポ開催、えん罪救済センター


 えん罪救済センターは、10月31日(⼟)、オンラインにて、同センターが支援した2事件で無罪判決が確定したので、シンポジウムを開催する。シンポジウムでは、これまでの同センターの活動を振り返り、日本のえん罪救済・刑事司法制度の問題点を検証し、今後のえん罪救済活動のあるべき方向性を提言する。

○テーマ:イノセンス運動の現在(いま)──雪冤事件から考える

○開催日時:2020年10⽉31⽇(⼟) 14時〜16時40分

○開催方法:参加登録制のオンライン開催(登録方法は末尾を参照)

○プログラム
 1.はじめに………
    徳永 光(えん罪救済センター運営委員/獨協大学教授)
 2.支援事件報告
  ①湖東記念病院事件………
    池田良太(えん罪救済センター運営委員/京都弁護士会)
  ②AHT事件………宇野裕明(大阪弁護士会)
   *AHT事件=
    第一審判決(無罪)大阪地裁2018・3・14(LEX/DB25562526)、
    控訴審判決(控訴棄却)大阪高裁2020・1・28(LEX/DB25564741)。
    季刊刑事弁護94号103号にSBS/AHTをテーマとする特集が組まれている。
 3.パネルディスカッション
   パネリスト………
    吉田謙一(大阪府監察医事務所監察医務監/東京大学名誉教授)
    池田良太(えん罪救済センター運営委員/京都弁護士会)
    笹倉香奈(えん罪救済センター副代表/甲南大学教授)
   パネル司会………知花鷹一朗(えん罪救済センター運営委員/大阪弁護士会)
 4.質疑
 5.台湾イノセンス・プロジェクトからのメッセージ(台湾冤獄平反協会)
    羅 士翔 (台湾イノセンス・プロジェクト代表/台湾弁護士)
 6.おわりに………
    稲葉光行(えん罪救済センター代表/立命館大学教授)

 総合司会:城使洸司(えん罪救済センター運営委員/大阪弁護士会)
 *なおプログラムは変更の可能性もあります。

○参加申し込み:下記サイトへアクセスの上、参加いただくご本人の①お名前、②メールアドレス、③(あれば)ご所属をご登録。
 参加申し込みはこちらから → 参加登録をする

○問合わせ先:えん罪救済センター事務局 ipj2015@outlook.com

○主催:えん罪救済センター

○共催:立命館大学グローバル・イノベーション研究機構「修復的司法観に基づく少子高齢化社会に寄り添う社会の構築」、立命館大学人間科学研究所「えん罪救済センタープロジェクト」

以上

(2020年10月19日公開) 


こちらの記事もおすすめ