刑事弁護の情報と知が集まるポータルサイト

免田栄さんを偲ぶ会、12月5日、YouTubeで配信


再審無罪判決から34年を迎えた免田栄さん(左)は自宅わきの菜園で汗を流すのが趣味。90歳を迎え、妻玉枝さんと過ごす時間も長くなった(2017年7月11日、大牟田市)

 わが国の刑事裁判史上初めて再審で無罪となった免田栄さんが昨年12月5日午前11時55分、老衰のため、福岡県大牟田市の高齢者施設で亡くなった(享年95)。免田事件の裁判経過・冤罪原因や支援の歩みについては、『完全版 検証・免田事件』に詳しい。また、毛利甚八氏が「事件の風土記《1》免田事件」で、74歳になった当時の免田さんの心象風景を描いている。

 免田さんは、再審無罪判決を勝ち取った後、亡くなるまでの37年以上にわたり、死刑制度の廃止や冤罪問題に取り組んでいた。

 死刑廃止国際条約の批准を求めるフォーラム90は、免田さんへの感謝の気持ちを込めて、免田さんを偲ぶ会を開催する。活動に取りくんできた免田さんの信念や、その功績、託された課題について、各地の仲間が免田さんへの思いやエピソードを交えて語る。

 なお、免田事件資料保存委員会(代表・高峰武)は、来年3月の出版を目指して、『完全版 検証・免田事件〔資料編〕』(現代人文社刊)を編集中である。

○免田栄さんを偲ぶ会(YouTubeによる配信)無料
 配信はこちらから

○日程:12月5日(日)14:00〜15:30

○プログラム:
14:00  開始 免田栄さんとフォーラム90 思い出の写真スライドショー
14:10頃 免田栄さんにゆかりのある方々によるリレートーク(順不同)
 免田玉枝・安田好弘(弁護士、フォーラム90)・高峰武(元 熊本日日新聞記者)・赤堀政夫(冤罪島田事件 元死刑囚)・深瀬暢子・島谷直子・笹原恵(静岡大学教授)・高塚哲彦(四国フォーラム)・山崎博之(タンポポの会)・山際永三(映画監督)・岩井信さん(弁護士)
15:30  終了予定

○主催:死刑廃止国際条約の批准を求めるフォーラム90

(2021年12月03日公開) 


こちらの記事もおすすめ