刑事弁護の情報と知が集まるポータルサイト

8月9日、司法改革大阪各界懇談会が、「『各界懇×Judges』裁判官から市長へ──改革のこころ」を開催


 8月9日(火)、司法改革大阪各界懇談会は、大阪弁護士会と共催で、浅見宣義さんの講演会を、会場とオンラインで開催する。

 浅見宣義さんは、1988(昭和63)年4月、判事補として任官し、2021年(令和3)年10月18日、大阪高等裁判所判事を依願退官された。

 現職裁判官のころから、裁判所改革に熱心に取り組み、1999年(平成11)年9月18日、開かれた司法の推進と、司法機能の充実強化に寄与することを目的とする現職裁判官の団体である日本裁判官ネットワークを立ち上げた。現職裁判官の立場から司法改革の必要性について、積極的に意見を発信し、開かれた司法の実現のために、長年尽力された。改革派の裁判官として、ニュース番組に出演し、刑事裁判についてコメントをしたこともある。

 退官後は、地元である滋賀県長浜市の市長選挙に立候補を表明し、2022年(令和4)年2月27日、20,202票(得票数47.1%)を獲得して、現職の市長ら3人を破り、当選を果たした。

 裁判官として、一連の司法制度改革はどのように映ったのか、何が実現し、今もなお、問題点として残っているのか、今の裁判所、裁判官をみて感じること、市民に伝えたいこと、若手法曹に伝えたいことなどを語ってもらう。

 また、裁判官としての十分な実績がありながら、なぜ行政の首長を目指すことになったのか、裁判官としての経験をどのように活かすことができるのか、今の思い、立候補、当選までの苦労なども語っていただく。

○講演会:浅見宣義さん講演会………裁判官から市長へ──改革のこころ

*プロフィール/あさみ・のぶよし
 1959年生まれ。1988年4月、司法研修所40期修了。京都地裁判事補として任官後、津地家裁、大阪地家裁堺支部、宮崎地家裁、大阪高裁などをへて、2021年依願退官。現在、滋賀県長浜市長。
 主な著作に、『裁判所改革のこころ』などがある。また、毛利甚八氏が、『裁判官のかたち』の中で「ぽかんとした勇気」として紹介している。

○日 時:2022年8月9日(火)午後7時〜午後8時45分

○会 場:Zoom(ウェビナー)・大阪弁護士会館2階203・204会議室

○申込方法:
<オンライン(Zoom)でご参加の場合>
 以下のURLよりウェビナーに事前登録。
 【オンライン参加申込フォーム】(定員300名)
 https://us02web.zoom.us/webinar/register/WN_yhzq2t03SciVQ_o_Ksqkyw
<会場でご参加の場合・事前申込制>(定員150名)
 以下のURLよりお申込み。定員に達し次第、締め切る。
 【会場参加申込フォーム】
 https://www.osakaben.or.jp/web/entry/form.php?id=id_62b53d27781dd

○主催:司法改革大阪各界懇談会、大阪弁護士会

○問い合わせ先:大阪弁護士会 司法課 TEL:06-6364-1681

(2022年08月01日公開) 


こちらの記事もおすすめ