刑事弁護の情報と知が集まるポータルサイト

発達障害支援の実際――診療の基本から多様な困難事例への対応まで


A この本は、自閉スペクトラム症(ASD)や注意欠 如・多動症(ADHD)などの発達障害について、そ の診療や支援に関する具体的な対応策が記載され ているものですね。

H 検査ツールの使い方や薬物療法、困難事例へ の対応など、発達障害にまつわるさまざまなトピック を解説していて、かなりマニアックですよね。医療専 門書的なところもあって。

F もともと弁護士向けの本じゃないですもんね。

A 序の部分を読むと、司法関係者も読者対象に なってますけど。

F でも、その中で弁護士はあまり意識されていな いような気がします。もっと直接支援している人たち が対象なんだと思います。

H 書いてあるのが診断方法とかですからね。

A 鑑定書を読むときの手引きにはなるんじゃない かな。
F 発達障害は診断の手法自体が誤っていることが あるので、診断ツール(54頁)のところも鑑定書を読 み解くうえでは参考になります。  あとは、司法領域との絡みというところをかなり意 識した本ではあるので、総論では触法に言及してい るし(3頁)、発達障害の症状や特徴もわかりやすく 書いてあって(38頁)、発達障害のある人の事件が 来たときに“気づき”の参考になると思います。  それから情状的なところで、「発達障害者が非行 化する機序」(98頁)などは弁論に使えるかな、とい う気がしました。

B 意思決定に対する非難のところでね。

A 更生支援計画を作るときにも、そこは意識する といいかもしれないですね。

H 尋問準備のときとかも。

I 一般の医学書よりかなりかみ砕いて書いてあり ますよね。支援の事例とかもあって(148頁)、他の 専門書を読んだり専門家の話を聞くためのとっかか りとしてはいい本だと思います。

A 医師に話を聞きに行く前提として読んでおくと、 コミュニケーションがとりやすくなるのかな、という 感じがしますね。

F 事務所に1冊あると便利ですよね。

(2018年11月15日公開) 


こちらの記事もおすすめ